アレルギー物質が入っているかを知る大切さ

食材宅配

今では、何かしらのアレルギーを持っている人の方が多いのではないでしょうか。アレルギーといっても、様々な症状があり、ショック状態になり、最悪の場合亡くなってしまう方もいるぐらい、アレルギーは恐ろしい病気なのです。そんなアレルギーを持っている方に、アレルゲンが含まれている食品が一目でわかるように、平成14年の4月に「加工食品のアレルギー表示制度」というものが設けられました。この制度のおかげで、あらかじめアレルゲンが含まれているという事がわかるようになったのです。

 

主なアレルギー物質

表示が義務付けられた主なアレルギー物質は卵、小麦、落花生、カニ、エビ、乳の7品目で、この7品目にアレルギー反応が起きる方が多いとの理由から、義務付けられました。
この表示が書かれている食品は、袋や缶詰など、初めから袋などに入った状態で売られている商品なので、パン屋さんなどで、そのままの状態で売られているものや、量り売りで購入できる惣菜などには、アレルゲンが含まれていても知る術がありませんので、注意しなければいけません。

 

アレルギーをお持ちの方を守ってくれる制度

食材宅配

このような制度が設けられた理由は、事前に何が含まれているのかを知る事で、アレルギーによって症状が出るのを防ぐためと、購入しても問題がない商品を選ぶことができるようにするためだという事です。
以前は、このような表示がなかったために、アレルギーを持っている子どもがいる親御さんは、アレルギーの人のための専門の食品店や、加工されたものは、絶対に口にさせないという選択しかなかったのです。

 

この制度のおかげで、アレルギーを持っている人たちの食生活がとても豊かになったのは言うまでもありません。はっきりと表示をせずに、「この食品にはアレルギーの原因になるものが含まれているかも知れません」などの曖昧な表現をする「可能性表示」というものは、禁止されており、、このような表示がまかり通ると、本来はアレルギー患者を守るという表示のはずが、逆にアレルギーを持っている人の選ぶという選択を狭める事になりかねないのです。

 

アレルギー表示の注意点

表記に関しては、様々な材料の中に同じアレルゲンが含まれている場合は、まとめて最後に表記するか、もしくは1度表記されていれば、それ以降表記の省略は認められているので、どのくらいアレルギー物質が含まれているのかという事は、原材料の表記を見ただけで判断できるものではないという事も知っていてください。

 

アレルギー物質が入っているかを知ることで/食材宅配ランキング関連ページ

食品の安全性
野菜と健康
有機食品とは
食育のために