食品宅配サービスの悪い点

こんなに便利な食品宅配サービスですが、残念ながら悪い点もあります。食品宅配サービスの悪い点を見て行きましょう。

宅配可能地域が限られる

せっかく注文してもショップが届けられなければ利用することはできません。例えば大手スーパーが開いているネットスーパーの場合、実店舗からあまりに離れていると配送がないこともあります。配送方法に宅配便が指定されている場合は全国どこにでも送ってもらえるようです。

 

価格が少し高い

多くの食材宅配サービスでは商品の価格が高めに設定されていることが多いようです。なので普段の買い物のつもりでいると値段が高めなので驚かれるかもしれません。しかしオーガニック商品を多く扱うようなところの価格が高いのは、商品を作るのに手間がかかっているから、と考えることができますし、半分調理された状態で配送されるところや冷凍されたお弁当で配送されるところは調理の手間賃と考えることもできます。つまりこれを高いと感じるか安いと感じるかは利用者の方の考え方次第です。

 

送料・年会費・入会金が必要

ほとんどの食材宅配サービスでは送料・年会費・入会金がかかります。特に食材を配送する度にかかってくる送料は結構大きなロスになるかもしれません。しかし車で普段買い物に行っていた方であればガソリン代、に手間賃と考えれば解消できる問題です。年会費と入会金が多い場合は、その食材宅配サービスを年にどれだけ利用するのか、会員特典は自分にとって必要なものなのか、入会する前に考えてみたほうがよいでしょう。

 

以上、食材宅配サービスの悪い面でした。これだけ挙げてみると悪い面もたくさんあるように感じますが、同時にこれ以上の良い点がたくさんあります。良い点と悪い点を勘案してみて良い点が勝るようであればぜひ食材宅配サービスを利用してみて下さい。